心も部屋も劇的にスッキリする!お片づけ魔・モモのブログ

片づく仕組みを作った家は、未来への先行投資!

受け継がれる家庭内ギョーザ文化

2〜3ヶ月に一度、餃子を作ります。
大量に。
上の写真で、二人分のタネです(笑)。


冷凍する分まで、しめて百個分の皮を消費。それでもまだ余るタネ。作りすぎ?(笑)



あとはひたすら焼いて、ひたすら食べます。
ビールか炭酸アルコール飲料は必須ですね!
ぷはー!!


大量に冷凍させた餃子は、一、二週間の間に食べ尽くします。
すると、しばらく「餃子はもういい」という気分になります。
そして、2〜3ヶ月経つと、また食べたくなってくる…というサイクルです。
実家は冷凍こそしていませんでしたが、家族総出で皮を包む作業に取り掛かり、ひたすら餃子を食べるという「ギョーザの日」が、やはり2〜3ヶ月に一度はあったので、これは確実に受け継がれています(笑)。

家庭内の食文化って、いろいろ調べると面白いかも!