『片づけ×書く×自分を生きる』片づけブロガー・モモのブログ

片づけ魔から片づけブロガーへ 華麗なるジョブチェンジ

風水と植物について。

写真は、先月お相撲を見に行ったとき、なんばパークス前で咲いていた木蓮です。

うちの旦那さんが、四月から忙しくなりました。これまでは一緒にいられる時間もわりとあったのですが、これからは朝も早くなり、家を空ける時間も長くなるので、さみしいです😢。でもがんばって働いてくれているので、わがままいわず、旦那さんがいない時間は、家を守りつつ、好きなことしたり、ブログ更新頻度をあげたりして過ごそうと思っています。


さて、前置きが長くなりました。
拙い零細ブログではありますが、『風水 花を飾る』とゆー検索で来られる方がいらっしゃるようなので、植物と風水について感じているところを書いてみようと思います。


ちなみに、風水に関して、ネットや本で情報収集した程度の素人です。誤解している部分も大いにあると思うのですが、個人的に、風水とは『周囲の環境と調和して、人間の深層心理により良い影響を与えるための体系的な知恵』なんじゃないのかなーと思っています。

湿気や臭いをこもらせないとか、掃除をこまめにとか、とんがった梁がよくないとか、なんかイヤーと感じるものは避ける。
そして、光や風、自然の香り、肌触りの良い布製品、天然素材、美しいと感じるものなど、ほっとしたり、安らいだり、パワーをもらえるものを取り込む。

まあ、めっちゃアバウトすぎですが、そんな風に理解しています。
西に黄色とか、龍の置物とかはよくわかんないですけど😁💦💦


で、花と植物のことなのですが、旦那さんと私が花好きだからかもですが、植物を家に飾るのは、すごく良いエネルギーを与えてくれるんじゃないかと思っています。特に花は、飾った空間が一気に明るくなり、生気に満ちた感じになります。

逆に、萎れたり枯れたりすると、淀んだ感じに…。植物も生き物ですから、『風水だから!』という理由だけで、合わない環境に飾って、ほったらかしにするのは可哀想です…。かく言う私も、実家でどれだけ枯らしてしまったことか…!!😢なので、世話できるキャパを越えた植物を買うのは、オススメしません。


世話する人間が手間と愛情をかけると、植物も応えてくれるような気がします。『良い家には、生き生きとした良い庭がある』というう実例を、かの宮崎駿監督が、『トトロの棲む家』という素敵な本で紹介していましたが、引っ越しした我が家のご近所にある素敵なお家は、やっぱり庭が生き生きしてます。いや、生き生きしたお庭があるから素敵に見えるのかも。

賃貸ではありますが、小さな庭もあることですし、草木や花が伸び伸びした気持ち良い家を作りたいです。


ふー。長くなりました😊💦💦
お付き合いくださり、ありがとうございました!