『片づけ×書く×自分を生きる』片づけブロガー・モモのブログ

片づけ魔から片づけブロガーへ 華麗なるジョブチェンジ

朝のミステリー。

夫を送り出した後、花に水をやろうと、私はいつものようにベランダに出た。時間は、午前八時前だった。
そこで見たものは、無残に割られた鉢植えだった。


隣家との境目の場所に、いつも置いていた多肉植物エケスベリアの瀬戸物の鉢。義母から貰ったものだったが、落ちて粉々になっていた。高い場所であるものの、鉢はそれなりに重さがあったので、風で落ちるほど不安定というわけではなかった。


首を傾げながら、片付け始めた私は、さらに不思議なものを発見した。つい昨日、プランターに植え替えたばかりのバジルが、底から掘り返されていた。プランターの横には、小さな卵の殻が落ちていた。昨日はなかったものだ。触ってみると、柔らかい。蛇の卵か、鳥の卵か、見当もつかない。


最近、隣家の木に巣を作っている鳩の仕業だろうか。猫が庭に入りこんだのだろうか。それとも蛇が、どこからか現れたのか。

なぜ、プランターを掘り返したのか。卵の殻は一体なんなのか。

分からない。何も分からない。

反射的に片付けてしまった後、私はブログのネタに現場写真を残しておけばよかったとぼんやり考えた。