読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心も部屋も劇的にスッキリする!お片づけ魔・モモのブログ

片づく仕組みを作った家は、未来への先行投資!

③収納作業・モノの定位置を決める

皆様、おはようございます。

神戸在住、お片づけ魔のモモでございます。

須磨は、徐々に秋らしい気候になって来ました。

もう半袖じゃ寒いくらいですねー。

 

 

昨日はお片づけに伺っていたので、

短期集中連載が一日途絶えてしまいましたので、

その分、今日は最後まで書いてしまおうと思っております^^

 

宜しくお付き合いのほどを!

 

 

③収納作業・モノの定位置を決める

 

さて、さて。

捨てる作業が終わりましたら、

次は収納する作業です。

 

収納は、非常ーーーに、個人の状況と好みと性格が反映されます。

 

また、住人の職業・年齢・家族構成・家族の人間関係などなど、

さまざまな要因によって、家具やモノの定位置が変化していきます。

 

収納の作業、私はとってもとっても楽しいですし、

このためにこの仕事しているんだよ!と、家の中心で叫びたいくらいで、

お客様でも楽しい!と言われる方も多いのですが、

苦手な方は死ぬほど苦手なようです。

適性があるようですねーー。(^^;

 

 

まあ、ぶっちゃけ収納は少々使いづらくても、

定位置さえ決まっていたら大丈夫です。

そこさえ最低限守っていれば、

モノが見つからないストレス&無駄な時間のロスは防げます。

 

 

そのほか、使いやすくするために基本的に押さえておくべきことは、

 

日常、家の中での自分の動きに沿って(行動動線)、

自分や家族の身長・健康状態(腰痛とか五十肩とか)にあわせて、

使用頻度の高いものほど、取り出しやすいところに置くことです。

 

このあたりの基礎的なことは、

整理収納アドバイザー公式テキスト 一番わかりやすい整理入門 【第3版】

にまとまっています。

 

 

後は、使っている収納用品の種類と数を把握すること。

そして、収納用品の特性を生かすことです。

 

ざっくりですが、収納用品には、それぞれこんな特性があります。

 

 

棚系・・・カラーボックス、シェルフ、本棚など。高さを活用する。

引き出し系・・・タンス、プラスチック引き出しなど。奥行きを活用する。

カゴ系・・・小分け・分類に活用。棚系と組み合わせて引き出し代わりにも。

箱系・・・積み重ねられる。保存に向くが取り出しにくい。

つっぱり棒系・・・床面積を占領しない収納を出現させることが可能。安定・耐過重には注意。

 

収納スペースに合わせて、収納用品を組み合わせていきます。

だ・か・ら、

まずは持ち物の総量を適正量にしておくことが、

収納用品を買う前に必要です。

 

 

これさえ押さえておけば、

あとは、イメージに合わせてにオシャレに整えてもよし、

使いやすさをさらに追及するもよし、

プチプライスを追求するもよし・・・・

 

重視するところは、人それぞれです。

 

収納は、たしかに定位置さえ決まっていれば用は足りると言えます。

しかし、収納を整えることは、

美しいインテリアを下支えすることであり、

使いやすく散らかりにくい部屋をつくることであり、

日々の生活のストレスを減らすことであり、

それによって、自分が本当に費やしたいことに費やす時間やエネルギーを捻出するシステムを作ることでもあります。

 

 

つまりは、お片づけは自分や家族へのおもてなしだということです♪

 

 ではでは、次回が最終回!

「④片づけたその後・リバウンド、買い物について」です。

 

本日夜の更新を予定しております~~。

 乞うご期待!

 

ではでは、今日もよいお片づけを♪

 
モモといっしょに楽しく片付ける。
お片づけガイド&サポートのご依頼はこちらへどうぞ!
 
 
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
面白いと感じていただけたら、ポチッポチッとお願いいたします。
更新の励みになります♪
 
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ