『片づけ×オンライン講座×自分を生きる』片づけブロガー・モモのブログ

自分らしく生きるために片づけが役立つことのアレコレを、笑いながら楽しく。

短期連載「お片づけをはじめよう。」 ④片づけたその後・リバウンド、買い物について

皆様、おはようございます。

神戸在住、お片づけ魔のモモでございます。

 

さてさて、短期集中連載も、いよいよ最終回です。

短期連載「お片づけをはじめよう。」

④片づけたその後・リバウンド、買い物について。

 

①事前準備・心の準備

②捨てる作業・残すモノを選ぶ

③収納作業・モノの定位置を決める

 

モノが適正量になり、全てのモノの定位置が決まり、

片付けが全部終了したら。

 

劇的に、暮らしの負担が減っていると思います。

その状態を保つのは、以前にくらべて非常に楽になっていると思われます。

 

それでも、忙しくなるとリバウンドしてしまった・・・

 

いやいや、ちょっと待って。

 

リバウンド=散らかる

と思っている方が多いようですが、

単に使ったモノをしまわないで、後片づけしてなかっただけ、

という場合が多いです。

 

リバウンドとは、

所有するモノが再び適正量を越えてしまい、

定位置が定まっていないモノがあふれてしまう状態のことです。

 

誰だって、仕事や家事や育児が忙しければ、部屋は散らかってしまうもの。


それでも、後片付けしにくい、すぐ散らかる…ということであれば、その収納は適切でない、というサインです。もう一度、使いやすい収納を考えなおしてみると、良いかもしれません。

 

 

そして、新たに家の中にモノが増える原因は、最たるものは、買い物。

片付けが終わったら、皆さん買い物に真剣になります。

捨てる作業を終えると、自然とそうなるようです。

おそらく、今まで欲しいと思っていたものの多くが、メディアや市場に欲しいと思い込まされていたことに気がつくせいかもしれません。


値段が安いから買う、高いから良いもの、テレビや雑誌に掲載されていたから今買うべきもの…という価値観から自由になっていくことは、人生が軽やかになっていくことだと思います。


そうなってくると、理想の生活にかなり近づいていると思われます。

まあ、中には、

「アンティークとかカリモク60とか生活骨董とかに囲まれて、

小津安二郎の映画みたいな暮らしがしたい!!」

みたいな、ちょっと高すぎる理想を持っている人(私)は、

実現は、まだまだ先かもしれません。

 

でも、少なくとも、簡素な、

昭和を思わせる空間で暮らすことはできます。

また、片付けを終えたら、家事のカスタマイズもしやすくなります。


理想の暮らしは、本当に庭のようなもので、

育てるのには時間がかかります。

完成に近づくのも、少しずつです。


でも、片付けを完璧に終えることで、基礎が完成します。理想の暮らしは、半分以上完成したようなものです。




そうなると、部屋は劇的に変わります。部屋が変わると、人生と暮らしが変わります。


ぜひぜひ、お片づけを完成させてくださいね!(^◇^)

 

 

 

 ではでは、今日もよいお片づけを♪

 
モモといっしょに楽しく片付ける。
お片づけガイド&サポートのご依頼はこちらへどうぞ!
 
 
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
面白いと感じていただけたら、ポチッポチッとお願いいたします。
更新の励みになります♪
 
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ